繊細ゾーンの疾患「トリコモナス膣炎」は、おりものの状態や膣困難の浮腫などを見立てして、感染しているか調べます。感染が疑われる場合は、直接、膣分泌小物からトリコモナス原虫がいるかを調べます。また、トリコモナス膣炎と見立てされた実態、あちらも検査する必要があります。なぜなら、あちらもトリコモナス膣炎を感染やる可能性があるので、とも治療を受けないと、再度感染してしまうことがあるからです。

トリコモナス膣炎の治療方法は、基本的に薬物療法で、トリコモナス原虫の増殖を控える抗原虫薬「メトロニダゾール」や「チニダゾール」が処方されます。口から服用する「経口薬」って、膣の中に押し込める「膣錠」の2つ型が処方されます。なお、受胎12ウィーク以下の皆さんの経口投与は駄目になっており膣錠によるので、受胎の可能性がある場合はことごとくそのことを先生に伝えて下さい。

トリコモナス膣炎は、治療をちゃんと受ければ直る疾患だ。しかし、薬を通じて事柄が良くなったと思っても、原虫が膣内に在ることもあるので、事柄が治まったからと勝手に薬を止めてしまうという、トリコモナス膣炎がさらに発症してしまうこともあります。そのため、自己判断は絶対にしないで、先生から指示された日数は薬をとっくり服用する必要があるのです。

また、繊細ゾーンのことなので、照れくさいなどの理由で病棟に行かない人もいると思いますが、トリコモナス膣炎を放置すると、不妊症の原因にもなります。大切な自分の健康といったあちらのためにも、よく治療をください。ミュゼ池袋南口店のWEB予約限定でオトクに美容脱毛